標準規格と運用規定

ワンセグの標準規格と運用規定は、「ARIB」(社団法人 電波産業会)が定めています。

しかし、ワンセグの標準規格と運用規定は、「これ」です。と紹介することが出来ません。

なぜなら、デジタル放送という枠組みで共通の標準規格があり、さらにデジタルテレビという枠組みで共通の標準規格があります。

そして、地上デジタル放送の枠組みの中に、ワンセグの運用規定が定められています。

ですので、1つを紹介して終わりではなく、幅広く紹介したいと思います。

デジタル放送(BSデジタル・地上デジタル・地上デジタル音声)
■ ARIB STD-B10 デジタル放送に使用する番組配列情報
■ ARIB STD-B24 デジタル放送におけるデータ放送符号化方式と伝送方式
■ ARIB STD-B25 デジタル放送におけるアクセス制御方式
■ ARIB STD-B32 デジタル放送における映像符号化、音声符号化及び多重化方式
デジタルテレビジョン放送(BSデジタル・地上デジタル) 地上デジタル音声放送
(デジタルラジオ)
■ ARIB STD-B21 デジタル放送用受信装置標準規格(望ましい仕様) ■ ARIB STD-B30 地上デジタル音声放送用受信装置標準規格(望ましい仕様)
BSデジタル放送 地上デジタル放送 地上デジタル音声放送
■ ARIB STD-B20 衛星デジタル放送の伝送方式 ■ ARIB STD-B31 地上デジタルテレビジョン放送の伝送方式 ■ ARIB STD-B29 地上デジタル音声放送の伝送方式
■ ARIB TR-B15 BS/広帯域CSデジタル放送運用規定 ■ ARIB TR-B14 地上デジタルテレビジョン放送運用規定 ■ ARIB TR-B13 地上デジタル音声放送運用規定
※分かる範囲で分類しました。ですので、全て網羅できていないと思います。


ワンセグ固有の運用規定は、ARIB TR-B14の中の第三編 データ放送運用規定に
Cプロファイル」として規定されています。

Aプロファイルは固定受信用、Bプロファイルは移動受信用を規定しています。
しかし、車載用などを想定していたBプロファイルは、技術の進歩に伴い固定受信並みの受信感度が得られるようになり、規格化の必要性がなくなりました。そのため凍結状態となっています。


デジタル放送

ここでは、BSデジタル放送・地上デジタル放送・地上デジタル音声放送(デジタルラジオ)の共通の標準規格を紹介いたします。

ARIB STD-B10

標準規格名:デジタル放送に使用する番組配列情報

引用:ARIB STD-B10 標準規格の概要及び改定の概要

 本標準規格は、デジタル放送に使用する番組配列情報(受信者に番組の多重情報を伝えると共に、番組選択を容易にするための情報で、MPEG-2システムズでの伝送制御信号PSIを補完する信号)の基本構成、番組配列情報のデータ構造詳細規定と実運用でのガイドラインを定めたものです。

 STD-B10の前身であるSTD-B2(平成8年5月29日策定)は、番組配列情報の基本構成ならびに識別子の運用基準を定めていましたが、幅広い活用のためさらに基本構成に加え番組配列情報のデータ構造詳細規定と実運用でのガイドラインを統合し、新たにSTD-B10(平成9年6月19日策定)として策定されました。その結果STD-B2は廃止されました。

  ここに規定する番組配列情報は、信号構造の国際整合、放送事業者毎の番組編成の柔軟性と将来の放送サービス発展への拡張性を前提に全放送メディアへの横断的適用を対象としています。

ARIB STD-B24

標準規格名:デジタル放送におけるデータ放送符号化方式と伝送方式

引用:ARIB STD-B24 標準規格の概要及び改定の概要

 本標準規格は、デジタル放送のデータ放送に使用する、モノメディア符号化方式、マルチメディア符号化方式及びデータ伝送方式について規定したものです。
 なお、本標準規格で規定するマルチメディア符号化方式は、平成11年7月21日の旧郵政省電気通信技術審議会デジタル放送システム委員会報告において、「マルチメディア符号化方式については、XMLベースの方式を基本に、詳細については民間の標準化機関においてフレキシブルに標準化されるのが望ましい。」との指針が示されたのを受けて策定されたものです。

ARIB STD-B25

標準規格名:デジタル放送におけるアクセス制御方式

引用:ARIB STD-B25 標準規格の概要及び改定の概要

 本標準規格は、デジタル放送に使用されるアクセス制御方式に関し、スクランブル、関連情報の仕様及びそれに関わる受信機仕様について規定したものです。
 本標準規格は「標準テレビジョン放送等のうちデジタル放送に関する送信の標準方式の全部を改正する省令」(平成15年総務省令第26号)に準拠し、アクセス制御方式に関し規定されたものです。方式の解説、受信機本体機能仕様の解説、運用を参考資料として加えてまとめてあります。

ARIB STD-B32

標準規格名:デジタル放送における映像符号化、音声符号化及び多重化方式

引用:ARIB STD-B32 標準規格の概要及び改定の概要

 本標準規格は、デジタル放送における映像信号と符号化方式、音声信号と符号化方式及び伝送信号の多重化方式について規定したものです。


デジタルテレビジョン放送

ここでは、BSデジタル放送・地上デジタル放送の共通の標準規格を紹介いたします。

ARIB STD-B21

標準規格名:デジタル放送用受信装置標準規格(望ましい仕様)

引用:ARIB STD-B21 標準規格の概要及び改定の概要

 本標準規格は、デジタル放送用受信装置の仕様に関し、BSデジタル放送、地上デジタルテレビジョン放送等各デジタル放送の実用化初期のニーズに対応する最小限の基本的な機能、定格及び望ましい性能について規定したものです。


地上デジタルテレビジョン放送

ここでは、地上デジタルテレビジョン放送の標準規格を紹介いたします。

ARIB STD-B31

標準規格名:地上デジタルテレビジョン放送の伝送方式

引用:ARIB STD-B31 標準規格の概要及び改定の概要

 本標準規格は、放送局の行う標準テレビジョン放送等のうち、地上デジタルテレビジョン放送に関する伝送方式を規定することを目的とし、UHF及びVHF帯の周波数を使用する地上デジタルテレビジョン放送に適用するものです。

 なお、地上デジタルテレビジョン放送に関連する標準規格のうち、情報源符号化方式、多重化方式などの標準規格についてはそれぞれ別に定められた標準規格がありますので、それらを参照ください。

 本標準規格は、郵政大臣(現総務大臣)諮問第74号「デジタル放送方式に係る技術的条件(平成6年6月27日付け郵通技第13号に基づく諮問)の審議を行った郵政省電気通信技術審議会(現総務省情報通信技術分科会)における、平成11年(1999年)5月24日付一部答申「デジタル放送方式に係る技術的条件」のうち「地上デジタルテレビジョン放送方式の技術的条件」を受け、平成11年(1999年)11月24日に施行された技術基準を定めるための「標準テレビジョン放送等のうちデジタル放送に関する送信の標準方式(平成11年郵政省令第102号)(注)」及び省令に関する「郵政省告示(平成11年郵政省告示第864号)(注)」に規定された事項を骨格とし それらに加えて運用上で標準的に規定することが望ましいと合意された事項をあわせた内容となっています。

 さらに、実運用において、推奨される番組送出や送信設備に関する諸条件のガイドラインを付属文書として、また要素技術的な手法の具体例を参考資料としてまとめております。
(注)平成15年1月 「平成15年総務省令第26号」及び「平成15年総務省告示第37号」として改正。

ARIB TR-B14

技術資料名:地上デジタルテレビジョン放送運用規定

引用:ARIB TR-B14 技術資料の概要及び改定の概要

 本技術資料は、総務省令・告示及びARIB標準規格の規定に従い実施される標準テレビジョン放送等のうち、地上デジタルテレビジョン放送(以下における??地上デジタル放送?≠燗ッ義)において、実運用上、使用される技術パラメータを特定するとともに運用の細部について規定したものです。これらの規定は地上デジタル放送における放送事業者毎の放送番組編成の柔軟性と放送サービスが将来的に発展するための拡張性を確保できるよう配慮しております。

 また、受信機の機能仕様に関しても規定しており、地上デジタル放送の放送事業者は規定された機能仕様を前提にその送出を運用することとなります。これは地上デジタル放送サービスを、視聴者にとっての利便性を損なうことなく円滑に行うための必要条件を提示したもので 受信機の機能仕様の具体化は受信機製造事業者の商品企画に委ねられます。

 2002年1月に策定したこの運用規定1.0版は固定受信機向けサービスを主体とした基本的事項を規定しましたが、まだ曖昧な部分が残っておりました。その後 地上デジタルテレビ放送標準化協議会(地上‐P)における検討が進んだことを受けて2003年12月放送開始当初の運用条件を1.1版において定め、これによって受信機メーカーとしてはこの運用規定に対応した仕様をベースとして商品企画が可能となりました。

 地上‐Pの活動を引き継いだ社団法人地上デジタル放送推進協会(D-PA)では、さらに詳細な部分まで検討を重ねており、これに応じて現在は改定2.9版となっております。

スポンサードリンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2